20代 男性
2010年7月~9月(8週間)
日常会話マンツーマン8時間コース
Twitter:http://twitter.com/hayato240
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/hayato240


9月26日に、2ヶ月間のフィリピン留学を終えて日本に帰国しました。フィリピン留学を実際に体験した感想を書いてみたいと思います。

私が、CNE1入学1ヶ月前に受けたTOEICは440点でした。正直なところ、大学4年間まともに英語を勉強していなかったので、ほとんど英語を忘れている状態でした。

CNE1の授業時間は4時間、6時間、8時間コースを選ぶ事が出来ます。私は、せっかく学ぶのであればと思い、8時間コースを選択しました。1日に8時間も授業を受けるのは、かなり久々でした。その為最初の頃、昼からの授業は、疲れて眠くなってしまいました。しかし、昼食後に昼寝をすることで生活リズムを掴むと、最後の授業まで集中して受ける事が出来るようになりました。

私が感じた英語力の変化は、最初の頃は、一旦日本語に置き換えて考えていましたが、3週間目を過ぎた頃から、英語を英語のまま理解出来るようになりました。また、最初の頃は英語で話しかけられると、何度も聞きなおしていましたが、そのうち聞き直す回数もかなり減り、聞き直さずにだいたい理解できるようになりました。

私自身1番伸びた部分は、スピーキングです。最初の頃は、CNE1の先生や友達から、授業以外に英語で話しかけられても、上手く英語を話す事が出来ない為、なかなか会話が長続きしませんでした。しかし、6週間目ぐらいになると、ある程度英語を話す事が出来るようになり、授業や休憩時間も冗談を言っては、笑っていました。

CNE1では、先生も生徒と同じ宿舎で生活しているので、放課後も英語を話すことが出来ます。先生は、とてもフレンドリーな方ばかりなので、毎日が楽しく過ごす事が出来ます。

聞いた話では、韓国はすでに10年前から、最初はフィリピン留学、次にオーストラリアやアメリカ留学という流れが出来ているそうです。

実際にフィリピン留学を体験してみて感じたのは、これから近いうちに日本でもフィリピン留学が間違いなく流行るという事です。

安くて、これだけ充実した留学が体験出来るのは他にないと思います。

来年、是非また行きたいです。

hayato240-2


Tags: ,