20代 女性
2014年4月~2014年5月(5週間)
ビジネス会話 4時間
日常会話マンツーマンコース 4時間


はじめに

3月に大学を卒業し、6月から外資系の会社で働くことが決まっていたので、英会話(とりわけビジネスで使える英語)が学びたいと思い、留学を決意しました。インドネシアとタイを訪れ元々東南アジアが好きだったことと、他の英語圏への留学と比べ、安価だったことから、フィリピンへの留学を決意しました。

特にスピーキング力をあげたいと思っていた私にとって、マンツーマン授業はとても魅力的でした。またビジネスのコースが用意されていたことや、留学体験記を読んで楽しみながら英語力を身につけられそうだと思い、CNE1を選びました。

mihiro-2

コースについて

私は、ビジネス会話4時間と日常会話4時間のコースを受講していました。最初にスタッフの方から「8時間はかなりきついよ」とアドバイスを頂いたのですが、何としてでもスピーキング力をあげたいと思っていたので、8時間受講することに決めました。結果、きつかったです(笑)。ですが8時間も英語を話せる環境に身をおけるというのは、非常に意義のあることでしたし、授業は非常に楽しく充実していたので、自身にとっては良い選択だったと思っています。

ビジネス会話では、2時間ずつ同じテキストを使い、ビジネスシチュエーションで使える会話表現を実際にロールプレイングして頭に叩き込んだり、各国のビジネス文化の違いについてディスカッションする等といったことをしていました。電話対応に関しては、スカイプで実践的に練習出来るようにしてもらえました。普段担当されていない先生が、この練習に付き合ってくれたことで、より実践的な練習になりました。

日常会話の方では、あるトピックについて先生とディスカッションをし、最終的に自分の意見を簡単なプレゼンテーションで伝える等といった内容、またひたすらフリートークをするといった感じでした。教科書もあったものの、教科書ではなく先生と意見をぶつけ合うことの方が結果的に英語力の向上に繋がった気がします。また、皆の前でプレゼンテーションをする機会を2回設けてもらったことも、非常に有難かったです。今まで英語で長時間プレゼンテーションをするという機会がなかったので、英語における文章作成能力、発音、流暢さ、ボディーランゲージ、総合的なプレゼンテーション能力等を磨くことが出来ました。また、このプレゼンテーションの練習に関しても、先生が根気強く付き合ってくれました(心配だったので、何度も先生に相談や質問をしていました)。

どちらのコースに関しても、先生が非常に真摯に生徒に向き合ってくれているという印象を受けました。また、先生のバックグラウンドや趣味関心等も様々なので、色々なトピックで意見交換をすることが出来て、全ての授業を楽しめました。個人的にはビジネス会話と日常会話の双方を受講したことで、上手く気分転換出来たのも良かったと思っています。

勉強法

私がCNE1で実践していた勉強法を、少しだけ紹介したいと思います。効率的な勉強法
は人それぞれだとは思いますが、何かの参考になれば幸いです。

授業外はとにかくインプット!

私の場合、8時間授業を受講しており、その時間はほぼアウトプットだったので、授業外はひたすら頭に英単語や英語表現を入れることに専念していました。

基本的にTOEIC単語帳とビジネス会話集の二冊を、書く(自分なりにノートにまとめる→隙間時間にはそのノートで赤シートを使って覚える)、聞く(付属のCDを)、話す(繰り返し音読)といった感じで勉強をしていました。

インプットを授業に活かす

私としては、これが出来るのが留学の一番良いところなのではと思っているのですが、前述したインプットをとにかく授業で使うように心掛けていました。英単語や英語表現等、覚えてそれで終わりだと定着しませんが、使えば本当の意味で自分のものとして習得することが出来ます。なので、無理やりにでも、授業で覚えた表現を使おうと思い実践していました。インプットしている最中も、この表現こういうトピックを話す時に使えそうだなーと考えると、想像が広がってわくわくするのではないかと思います。

分かったふりをしない

先生が言ったことで少しでも理解出来ない部分があったらしつこく聞いて、分かったふりをしないように気を付けていました。最初は、いちいち聞くのが面倒だと思ってしまっていたのですが、分からないままだと会話も弾まないですし、分からないことが増えていくばかりでだめだと気付き、それからは、しつこい位色々なことを聞いたり確認したりしていました。しつこすぎて、時に嫌がられたりもしましたが(笑)、これは自分にとって非常に大事なことだったと思っています。

mihiro-3

英語力の伸び

私もですし、他の友達も言っていたことなのですが、英語力の伸びを実感することは中々難しいのではないかと思います。毎日英語を使い、勉強も一生懸命しているのに、英語力の伸びは感じられない…この状況に凹むこともあるかと思います。実際私は凹みましたし、毎日「どうすればいいんだろう」と悩んでいました。ですが、最終週に先生と話している時に、ふと「前よりもスムーズに会話が出来ている気がする」「時間をおかずに、即座に先生の質問に答えられるようになったな」と感じることが出来ました。自分の英語力が伸びたと感じるのは、本当にふとした瞬間なのだと感じました。

だから、頑張っているのに中々英語力が伸びない、と悩むこともあるかと思いますが、自分で感じることが出来なくても着実に成長しているのだと信じることも大事だと思います。また、この悩みや悔しさを「何が何でも英語力をあげてやろう」というモチベーションに変えて、勉強するのもありだと思います。

英語力の伸びを知る判断材料として、1カ月に1回実施されるスピーキングテストは役立つと思います。ですが、それだけにとらわれ過ぎず、自分なりのペースで自分なりの方法で英語と向き合っていくことが結果的に英語力の向上に繋がるのではないでしょうか。

CNE1滞在を振り返って

結論として、CNE1を選んで本当に良かったと思っています。たった5週間でしたが、英語だけではなく多く得るものがありました。先生や友達と人生について語り合った時間は、私にとって特に大きな糧になりました。先生もCNE1に来ている生徒さんも、夢や目標をもって努力している人ばかりです。なので沢山のモチベーションを貰い、これから私も頑張ろうという思いにさせてもらいました。

授業を沢山とっていたことや、自由時間も勉強に集中しがちだったことがあり、Drinkingpartyや週末の遊び等にあまり参加出来なかったのは少し残念ではありますが、それでも十分CNE1での生活を楽しむことが出来ました。皆に見送ってもらって、CNE1をVanで出た後は帰りたくなくて涙が止まりませんでした。それだけ、大好きな場所になっていたのだと思います。

使える英語を学びたいと思っている方、成長したいと思っている方、変化がほしい方。

全ての方に自信をもって、CNE1での留学をお勧めしたいです。

mihiro-4


Tags: ,