CNE1スタッフ紹介

STAFF

一戸 れいら

CNE1 日本人インターン生

CNE1は出会いに溢れている場所だと感じます。

ここでは年齢、出身地、国籍、仕事などのバックグラウンドが異なる方々と密に関わることができます。
日本で単純に大学生活を送っているだけでは出会えなかった人々に出会い、自分の人生観を変えるようなお話を聞くことができます。

もともとこのインターンを選んだ理由として、視野を広げたい!というものがありました。 というのも、大学に行って授業を受けて、アルバイトをして、遊んで、そろそろ就職活動の準備をして…というルーティーンのような大学生活に飽きてしまい、それを変えたかったのです。

CNE1に来て自分の視野や興味の幅が広がったと感じます。
やりたいことがたくさん出てきて、残りの大学生活を考えるとワクワクします。

また、CNE1では英語への考え方も変わりました。
英語で話すことはこんなにも楽しかったのか!と実感しました。

元々大学受験やTOEICなどで文法を勉強していたり、趣味で洋画を見ていたため英語には日頃から触れているつもりでした。
それでも話すときは「間違った英語を話したら格好悪い」「発音がカタカナ英語だから恥ずかしい」と感じていました。

そんな私がCNE1に来て、「授業の時間が楽しみ」、「英語でもっと会話したい」と思うようになりました。
また、先ほど述べた文法や洋画の知識などを会話で実際に使えたときは自分のやってきたことは無駄ではなかったんだなと思えました。
いつも楽しい授業を作ってくださった先生方のおかげです。
CNE1で過ごしていると毎日が楽しいです。

他の生徒さんからも「帰りたくない」「もっとここにいたい」という声をよく聞きます。
居心地のいい環境だと日々実感します 私と似たような経験がある方、少しでも思い当たることがある方、是非CNE1にいらしてください。