日常英会話
マンツーマンコース

使える英会話を目指す人向け
使える英会話の基礎を固めるトレーニング。
– Strength the foundation –

CNE1の日常英会話コースでは「スピーキング力」を伸ばす為に最適なテキストを選び使用しています。テキストは多くのイラストが取り入れてあり、会話形式のテキストを多用することで、学習者がストレスなく楽しく日常使える口語表現や基礎的な文法を習得できるように設計されています。

テキストを使い、講師とのペアワークや会話演習を進めていきます。テキストのイラストや対話文を見ながら、会話がしっかりと言えるようになるまで、何度も何度も繰り返し声を出してスピーキングの練習をします。繰り返し、繰り返し声に出して英語を話す練習をすることで、頭にパターンをしみこませていきます。

中級・上級者向けには、自分の意見を主張し、自分で考えて話す練習やディスカッションやプレゼンテーションなどの訓練も行う幅広いレベルに対応したコースです。英語をどんどん自由に話をしていく『コミュニケーショントレーニング』。自分で調べ、考え、それを人前で伝える『パブリック・スピーチトレーニング』。ディスカッション中心の対話型のレッスンでは、『自分の頭で考え、それを表現する』=クリティカル・シンキングトレーニングをおこないます。

入学時に、TOEIC®とTOEICスピーキングテストを受けて頂きます。この両方のスコアを出し、どこが強みで、どこが弱みかが、わかるチャートグラフを作成し、その結果を見ながら、日本人職員とカウンセリングを行い、その上で、担当講師も、弱点を認識した上で、授業を開始します。また、この担当講師とのカウンセリングは、毎月曜日にあり、テキストの進捗を見ながら、優先度をその都度、決めていきます。
日常英会話
マンツーマンコースのまとめ
必要な滞在週
1週間~
こんな方におすすめ
基礎力向上を目指している方 スピーキングトレーニングに力をいれたい方 中上級者まで幅広い人が対象
2つのポイント
①パターンプラクティス ②スピーキング・コミュニケーショントレーニング ③ディスカッション、クリティカル・シンキングトレーニング
滞在期間はどれくらいから?
このコースでは、滞在期間が1週間~長期滞在まで、幅広い方が受講可能です。
このコースの対象者
  • 基礎力向上を目指しながらもスピーキングトレーニングに力をいれたい方
  • 自分の意見を主張し、ディスカッションするスピーキング力を向上したい方
  • 初級者から中上級者まで幅広い人が対象(TOEIC® 400~800点の方)
このコースの3つのポイント
パターンプラクティス – PATTERN PRACTICE –

パターンプラクティスとは、文法を文の型(パターン)を通して身につけ、瞬間的に考えずに使えるようにするための練習方法です。知っている英文法から使える英文法にするためのトレーニングになります。

基本英文法、構文がしっかりと入った対話文の型、パターンを何度も何度も声を出して反復トレーニングして、文の型(パターン)を暗唱し、一部の単語を変えてもスラスラ言えるまで、反復応用トレーニングを行います。文法、発音、イントネーションが正しく言えるまで、何度も何度も声を出して、パターンを瞬間的に言えるようになるまで練習をします。
テキストの文法表現が入った例文を講師の指示により少しずつ変化させながら、繰り返し繰り返し声を出して音読暗唱トレーニングをします。

英文法を頭で理解することと、実際に正しい文法を使って話す、ということは違います。話す際には、ゆっくりと文法について考えていては会話は成り立ちませんので、言いたいことがほとんど自動的に口をついて出てくるように声を出して練習を続けます。
スピーキング・コミュニケーショントレーニング – SPEAKING COMMUNICATION –

「食べ物」・「買い物」・「乗り物」など日常生活の身近なテーマをもとにテキストに掲載されている多くの絵を見ながら講師から次から次へと質問を行っていきます。その際、適切な語彙・語句を使って写真や絵の特徴を詳しく描写できるか、適切な構文を使って分かりやすく説明できるか、がトレーニングのポイントになります。

さらにテキストの質問以外にもどんどん質問をされ、会話を自然に広げるフリートーキングの練習をしていきます。その際、「Why?」という質問を次々に投げかけていく思考力を向上させるスピーキングトレーニングや「What do you think?」という質問に対して、自分の意見を主張していくトレーニングもあり、徹底的に自分で考えて話す訓練を行います。
ディスカッション、クリティカル・シンキングトレーニング – DISCUSSION・CRITICAL THINKING –

自分で考えて自分の意見を主張して話す練習やディスカッションやプレゼンテーションなどの訓練を行います。幅広いレベルに対応したトレーニングです。自分で調べ、考え、それを人前で伝える『スピーチ&プレゼントレーニング』。ディスカッション中心の対話型のレッスンでは、『自分の頭で考え、それを表現する』=クリティカル・シンキングトレーニング(論理的思考)をおこないます。

テキストの記事を読み込み、文章の全体を要約スピーチしたり、趣旨を正確に読めているかを講師が1つずつ確認しながら、自分の意見をしっかりと伝えます。また、反論や同意するときの定型文や言い回しなどもレッスンを通じて学び、自分の意見を正しく述べられるようにスピーキングトレーニングをしていきます。

英語がただ話せるだけでは意味がなく、話す内容、中身がとても大事です。そしてそれを自分の言葉で論理的にしっかりと相手に伝えるトレーニングが大切です。そのためには、テキスト以外にも英語でどんどんニュースや書籍を読み、常に自分で考え、自分なりの意見、考えをまとめ常にストックプレゼンしていくようにトレーニングをしていきます。

教育プログラムに戻る