20代 女性
2014年8月~2014年9月(6週間)
日常会話マンツーマンコース 4時間
発音&リスニングクラス 2時間


私はCNE1で6週間を過ごしました。

一時期他の英語圏での語学留学を考えていたこともありましたが、このフィリピン留学の選択は間違っていませんでした。6週間で経験したことを授業とコミュニケーションのことを主として書こうと思います。フィリピン留学を考えている方に参考になれば幸いです。

授業

私は日常英会話4時間、発音2時間の授業を受けていました。

授業では先生とトピックに対する意見を言い合い、そして先生たちはすかさず「なぜ?」「どうして?」と突っ込んできます。初めの内は理由を聞かれても考えがまとまらず時間がかかっていましたが、それでも先生は根気強く待ってくれましたし、先生と1対1での授業なので恥ずかしがらずに自分の意見を率直に話せました。

担任の先生によって異なると思いますが、私は他にも即興スピーチをしたり、毎週末の宿題でエッセイを書いたりしました。お題となるのは大抵日本のことや自分が興味のあることで、何故日本ではこうなのか、何故私はこれが好きなのかなど、自分をもう一度知ることができたと思います。また、先生にフィリピン事情や文化を教えてもらい、英語を話すこと以外にも多くのことを学びました。

フィリピンの人は歌やダンスと共に生きています。発音の授業では替え歌やリズムに乗せて発音の練習をし、授業中や休憩時間には先生と歌ったりしました。先生たちの気さくで明るい人柄のおかげで多少人見知りでも大丈夫ですし、授業は本当に面白く、あっという間に時間が過ぎました。

授業以外の時間の過ごし方

私は毎日15時に授業が終わり、自由時間には勉強をしたり、お昼寝をしたり、カフェに行ったりしていました。土日にはバッチメイトと海へ遊びに行ったり、観光名所へ出掛けたりしました。

kyosuke-2

CNE1がある場所は田舎ですが、学校の目の前をバスが通っているのでどこへでも行けます。私は不便だとは感じませんでした。静かで時間がゆったりと過ぎるので勉強するにはうってつけの場所だと思います。

また、街灯が少なく夜になると辺りが真っ暗になるので星がとてもきれいに見えます。みんなで星の鑑賞会をして流れ星を見たことは心に残る思い出です。

kyosuke-3

個人学習

予習復習宿題に加え、私は好きなアメリカドラマでも勉強していました。言い回しと発音の両方をいっぺんに勉強できるし何より内容が面白いので、お気に入りの勉強法です。どんな教材を使うにせよ、ワンセンテンスを何度も繰り返し言うことが大事だと教わりました。

またCNE1のスタッフの方や地元の高校生など先生以外とも仲良くなれるチャンスはたくさんあります。フィリピンの人はみんな流暢に英語を話せるので、メッセージのやり取りなどを通じて帰国後も英語に触れることができます。

衣食住

洗濯は2~3日に1回、ご飯は3食付、掃除も毎日していただいたので勉強に集中できる最高の環境にありました。私はルゾンの4人部屋に滞在しており、ルームメイトのおかげで日本に帰りたいと思うこともなく、楽しい毎日を過ごすことができました。

ご飯に関しては合う・合わないは人それぞれだと思います。近くのショッピングセンターでは何でも揃うので好きなお菓子やドリンクを向こうで買うこともできます。しかし、ふりかけやお味噌汁は学校の近くでは売っていないので、日本から持参するのをお勧めします。体調を崩したときに心強い味方になってくれます。

kyosuke-4

おわりに

CNE1では最高の先生方、スタッフの方々、仲間と出会えます。様々なバックグラウンドを持った人たちが留学しているので、普段だと接する機会のない方とも話すことができ刺激を受けました。充実した6週間を過ごせたことに感謝しております。

kyosuke-5


Tags: , ,