30代 男性
2010年8月~9月(4週間)
日常会話マンツーマン6時間コース
発音&リスニング集中2時間プログラム
Facebook:http://www.facebook.com/yoshifumi


CNE1以前の英語力と上達目標

簡単に表現してしまうと「大学受験のためだけに受験英語を勉強し、それ以降は英語を使う機会がない生活」を卒後約10年送り、「時間をかければ文章は読めるが、会話になるとまるで聴けないし話せない」状態でした。そんな私でしたが、3年前から仕事と平行して大学院に通うようになり英語力が必要になってしまいました。

「英語は文系の学生が得意なもの」と考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、理系(工学・理学・農学・医学・看護学など)にこそ英語力が必要なんです。先進の技術や知識は国際的に共有され、科学者は互いに競い合い、そして協働します。そこでの国際共通語は日本語でも中国語でもフランス語でもなく英語です。英語で表現できないと、どんなに優れた技術や知識を持っていても全く評価されないのです。

かと言って30歳を過ぎて、しかも限られた時間の中で、今さらネイティブ並みの英語力なんて求めるのは現実的ではありません、私が”とりあえず”目指しているのはネイティブの人に「ああ、この人はネイティブじゃないけど、少し配慮してあげれば意思疎通は問題ないな」と思ってもらえるレベルです。私の場合はあくまでも外国語として、国際共通語としての英会話力を求めてCNE1のお世話になりました。

CNE1の講師

語学留学は初めてだったので他と比較することはできませんが、非常に熱心で学生の上達を心から願っている先生ばかりだったのが印象的です。全員がネイティブ並の発音というわけではありませんが、ほとんどの先生はタガログ訛りの無いきれいな英語を話します。

先生たちは同じ敷地内で生活しているので、レッスン以外のプライベートを共有します。年齢が近いこともありレッスン以外は友達として一緒にお酒を飲みに行ったり遊びに行ったりと、楽しみながらレッスンで学んだことをアウトプットできました。

CNE1での生活

日本並みの生活が保証されるか?と問われれば、YESとは言えません。時に停電したり、インターネットの通信速度が低下したり、シャワーのお湯がぬるくなったりすることもありました。しかし、生活する上で何か不都合があれば遠慮なくスタッフの皆さんに直接言ってみて下さい、大体のことは改善してくれますよ。設備上の問題は徐々に改善していく見通しとのことなので、私も 次回の滞在に期待をしている1人です。

私は1人で海外旅行する際にはホテルに泊まらずユースホステルなどのドミトリーに泊まることが多いのですが、4人部屋での生活はまさにそんな感じといえばわかりやすいでしょうか。もちろんプライバシーを重視したい人には1人部屋もあります(私はイビキをかくので迷惑をかけないように1人部屋を使いました)ので、個人の事情に合わせて選択すると良いと思います。

また、バスで15分程の距離にあるSMロザレスというショッピングモールへの行き方さえ覚えてしまえば、買い物に困ることはほとんどありません、きっと物価の安さに驚くと思います。ペットボトル入りのコカコーラ社製ジュースが40円くらいで買えてしまいます。フィリピンでの生活を終え日本に帰国する頃、あなたはバスやジプニー、トライシクルといったフィリピン独自の交通機関を乗りこなし、ペソで物価を判断するようになっているでしょう。

CNE1で学ぶ仲間たち

私が滞在した時期は、日本人と韓国人が5:5という感じでした。フィリピンにある他の語学学校のほとんどが韓国資本ということもあり、日本人経営者がいるCNE1は日本人が比較的多い学校だと思います。
同時期に学んだ仲間たちはそれぞれに目的意識を持って英会話を学びに来ている人ばかりで、ファッション気分あるいはバカンス気分で来ている人は本当にいませんでした。彼らとの出会いは本当に刺激的で、年長者だった私も「負けてらんないな!」とやる気をかき立てられました。

日本人比率の高さを気にされる方もいらっしゃると思いますが、多くの人にとって初めてのフィリピンという国での生活に日本語の話せる友人は必須です。特にまだ英語で上手く言いたいことを言えない時期には、先進国とは違うフィリピンでの生活に少なからずストレスを感じると思います。そんな時には同室や隣室の仲間に相談してみてください。上級者は別にして、それ以外の人にとって日本語の話せる友人はあなたの不安やストレスを解消してくれるでしょう。

課外活動〜フィリピンで考えるイロイロ〜

フィリピンで語学留学をして得られたものは英会話上達だけではなく、課外活動を通して得られる様々な経験でした。私は障がいを抱えている方々への医療や福祉が専門なので、そういった視点で先生方とディスカッションし、フィリピンと日本の違いを考察することができました。

汚職・貧困・格差・犯罪…昨今の日本でも盛んに語られるこういった諸問題が、日本とは別次元で生々しく存在しています。日本や先進国に居てはわからない現実、そしてそんな国を憂い必死に変えようと努力している人々。フィリピンでの生活は、英会話だけではなく、人生を変えるかもしれない大切な何かをあなたに与えてくれるでしょう。

yoshifumik-2


Tags: ,