20代 男性
2011年8月 (12週間)
日常会話マンツーマン6時間コース
発音&リスニング集中プログラム2時間
◇Twitter: http://twitter.com/suil1011
◇Facebook: http://ja-jp.facebook.com/people/Suil-Hong/100000760792343

はじめまして。洪秀日と申します。まずは簡単に自己紹介したいと思います。私は3年間勤めた会社を退職し留学しました。以前から英語の必要性は感じていましたが、なかなか勉強も続かず初心者のままでした。しかし退職後、東南アジアを拠点に活動することが決まり最低限の英語が必須となりました。そこで一回英語を勉強せざるを得ない環境に飛び込もうと思い留学を決意しました。フィリピン留学はネットを通して知りました。とても評判も良く、何よりも活動前に東南アジアを直接肌で体感出来て、質の高い英語を格安マンツーマンという形で学べるとなると一石二鳥だと思いフィリピン留学に決めました。

先生、授業について

私は12週間1日8時間(2h×4)授業を受けました。授業は基本的にテキストに沿って行われます。慣れてくるとテキストの内容を発展させディスカッションしたり、簡単なプレゼンテーション等も行いました。ある先生の授業では前日に宿題として自分で日記や何かトピックを決めて文章を作成し、それを次の日に添削してもらい音読、それに対するディスカッションという形を取っていました。これを毎日やるとなると相当きつかったですが、非常に為になりましたし、先生も熱心に指導してくれたので続けることが出来ました。

またマンツーマンレッスンの利点として自分の要望があれば先生と相談し、授業内容も工夫することが出来ます。私は担当の先生が4人いたので発音がしっかりしている先生には1時間テキスト、1時間発音中心のレッスン、同じく文法が得意な先生にも同様な形をとってもらいました。

先生によって授業の進め方も様々ですし水準の差はあります。先生は20代前半の女性が大半です。授業中フリートーキングになると、どの先生も好んで恋愛話になります。

私の場合はグループレッスンを取り入れた以外は先生を一度も変えませんでした。とても相性が良く英語を教えるスキルも高いと感じたからです。もちろん授業が楽しかったというのも要因の一つでした。しかし長期滞在される方は、一ヶ月をめどに先生を変えてみても気分転換としていいと思います。実際にそうしている生徒さんもいらっしゃいました。

マンツーマンレッスンの場合、先生との相性は非常に重要になってきますし、自分にあった先生を早く見つけるのも留学をうまく進めるポイントの一つだと思います。そこでおすすめしたいのが他の生徒さんと積極的に情報交換し、情報格差をうまく利用することです。授業の進め方、発音がきれいな先生、文法が得意な先生等いろいろな情報を入手すべきです。これはあとから留学して来た人の特権でもあります。

私のように長期滞在または1日8時間授業を受けることを検討されている方におすすめしたいのが、少人数グループレッスンです。フィリピン留学の最大の特徴は格安マンツーマンレッスンですし、それに対するコストパフォーマンスは非常に高いと身を持って感じることが出来ました。しかしそれを持っても、グループレッスンで得るものは大きかったと感じています。

私は途中から発音&リスニングのグループレッスンを取り入れたのですが、もっと早く取り入れれば良かったと思っているくらいです。理由としてはマンツーマンでのコミュニケーションの取り方とグループ内でのコミュニケーションの取り方とではまったく違いますし、英語を使って人前で意見するトレーニングは必要だと感じました。

マンツーマンだと先生もプロなので、こちらがいくら拙い英語で話しても理解してくれますし、なるべく聞き手にならないように会話を進めてくれます。それに比べてグループレッスンの場合、1クラス人数が学校の方針により最大5人までとなっていますので、発言する機会は順番に回ってきますが、自分が積極的に発言しなくても授業は進んでいきます。

また一緒に受講していた生徒さんたちが発音も上手く英語スキルが高かったことは自分にとって幸いでした。最初は人前で英語を話す恥ずかしさや、自分が発することによって、授業が遅れるのではないかという気持ちからなかなか積極的に発言出来ませんでした。しかしこれも毎日トレーニングすることで克服出来ます。マンツーマンレッスンで習った表現方法等を試す良い機会でもありました。そして段々人前で英語を話すことに対する自信もついてきました。

冒頭でも述べましたが、私は英会話初心者でした。中級者や上級者の方の場合また感じ方は違うと思います。グループレッスンはレベル別で振り分けている訳ではないので、生徒間でのレベルの差はあります。しかしグループレッスンは全てヘッドティーチャーが行っているので、そこはうまく進めてくれます。個人的にも他の先生の授業と比べてもやはり質は高いと感じました。実際にヘッドティーチャーの授業は人気があるので定員に達し次第、希望しても受講出来ないケースもあります。

異文化に触れる楽しさ

私は毎週末どこか観光に行くようにしました。バギオ、マニラ、サガダ、ハンドレットアイランド等、12週間で行ける所にはだいたい行きました。アニラオでスキューバダイビングのライセンスも取得しました。

仲良くなった先生に何度か地元を案内してもらったり、家に招待してもらい一緒にお酒を飲んだりもしました。学校にいるだけでは、なかなかフィリピンという国の雰囲気を感じることは難しいと思います。直接いろんな場所に行き、人に触れ、文化に触れることで感じることはたくさんありました。

特に先生と一緒に行動することで得られるものは多かったです。どこに行くにも効率的に回れましたし、地元ならではの場所にも行けました。ですが私はそれよりも先生と仲が深まり、踏み込んだ話もたくさん出来たことが一番良かったと感じています。会話はすべて英語なのでトレーニングにもなりました。

定期的に運動したい方におすすめしたいのが、学校からバスで15分程の場所にあるCNE1では有名なDonni’s gymです。家に併設されていて、先生がとても親切に指導してくれます。もちろん英語の先生です。(笑)私も週1−2回行くようにしていました。

いろんな場所に行きひとつ感じたのは韓国人の多さです。まず聞かれるのは are you Korean?です。日本から来たと答えると、ちょっとした優越感に浸れました。それくらい日本人という存在はフィリピンではレアです。街で日本人はほとんど見かけませんでした。

CNE1 にも韓国の大学生が団体で留学に来ていたのですが、なかなか日本人の方には理解出来ない文化の違いもあり、これは韓国では普通なのかと聞かれることもしばしばありました。逆も然りです。慣れてくると学校内で飛び交う英語、日本語、韓国語の会話がすべて理解出来て、不思議な感じもしました。

日本人の生徒さんも皆いろんなバックグラウンドがありとても刺激的でした。私と同じく仕事を退職して留学に来られている方、これから世界一周、ワーホリに出られる方、休学されて来られている方様々です。特徴的だったのが、職種に限って言うと現職、前職関係なくIT関連、医療関連の職種の人が多かったです。社会人の方が留学するとなると、ある程度職種も関連してくるのかもしれません。

また個人的な意見ですが、フィリピン留学に来られている方は情報に対してアンテナが高く、意識の高い方達が多い印象を受けました。これからも長い付き合いになりそうな友人も出来ました。

異なった国の人達と出会い、異なった部分を理解し、それを受け入れることはとても新鮮で楽しかったです。同時に自分という存在を見つめ直す良い機会にもなりました。

私は日本で生まれ育った在日コリアン3世です。一言で在日コリアンと言えば簡単ですが、その経緯や生立ちは複雑でなかなか日本人、韓国人、フィリピン人関係なく理解を得るのに苦労しました。しかもそれを英語で説明するとなると尚更です。最初はうまく説明出来ない自分がもどかしく、とても悔しい思いをしました。

日本にいる時もそうですが特殊な存在が“弱み”と感じることもしばしばありました。しかし留学期間、他人と違う特殊性こそ“強み”なのではないかと思うようにもなりました。そしてそのためにも、もっと自国である韓国、生まれ育った日本、そして在日コリアンについてもっと知る必要があると強く感じました。

留学を終えて

約3ヶ月の留学を終えて、とても満足しています。一番変わったと感じるのは英語で喋ることへの抵抗感がなくなったことです。

留学当初は先生と一緒にいても会話が続かず、逃げ出したい気持ちにもなりました。また朝8時から18時までの8時間レッスンは慣れるまでとても大変でしたし、スランプを感じる時期もありました。

しかし卒業時にはうまく意思疎通も出来るようになりましたし、英語での会話、英語学習自体を楽しむことが出来ました。留学当初BeginnerだったスピーキングレベルもIntermediateまでアップすることが出来ました。

といってまだまだ満足のいくレベルでは到底ありません。これからもフィリピン留学の経験を生かし、やらざるを得ない環境を常に作り継続的に勉強していきたいと思います。

ひとつ留学される方にアドバイスとして言いたいのが、事前に文法、ボキャブラリー等の勉強はしっかりしておくことです。私はこの部分が劣っていたため、スピーキング力向上だけに集中出来ませんでした。授業後に自習していましたが、その日の宿題や復習、予習もやろうと思うと正直大変でした。事前に基礎をしっかり身に付けておくことによって、フィリピン留学最大の売りであるスピーキング力向上に集中出来ると思います。

最後に井坂代表をはじめとするCNE1関係者、フィリピンで出会った全ての人たちに感謝の意を表したいと思います。本当にありがとうございました。

suil1011-3


Tags: ,