20代 男性
2014年4月~2014年7月(12週間)
日常英会話マンツーマンクラス 6時間(7週間)
日常英会話マンツーマンクラス 4時間(5週間)


私は4年間日本で働いた後に入学しました。12週間滞在し、スピーキング能力を初めとした英語の基礎的な部分を身に着けることができ、結果、TOEICの点数が飛躍的に向上しました。

他の卒業生の方々が授業風景等を沢山お伝えしていると思いますので、そこは割愛しまして、私はCNE1での学習がどの程度TOEICに影響したか、実施した学習内容と共に記載いたします。

留学前

留学1年前位に取得したTOEICスコアは490(L:250 R:240)でした。

基礎固めのため、約1ヶ月間、1日約3~4時間勉強しました。具体的には、文法の復習、アウトプットの練習を兼ね、簡単な日本文を英文に瞬間的に訳す「瞬間英作文トレーニング」と、簡単な英文のシャドーイングを実施しました。英単語(DUO)も勉強していましたがこちらは途中で挫折。

留学時

授業中は、簡単な文を正確に聞く・話すことにただひたすら注力しました。講師の方々より、定期的に自分のレベルと、何を改善すべきか適切なフィードバックを頂き、それを基にトレーニングしました。最初は文法テキストを使っていましたが、途中でマンネリを感じ徐々にディスカッションに移行。授業以外の時間は、授業時のメモをノートに清書して音読する作業を1日1~2時間実施しておりました。

平日夕食後と、休日はリフレッシュと決め、友人と遊んだり、講師のジムに行ったりアクティビティを楽しみました。

nobuhiro-2

留学後

留学後すぐ、TOEIC公式問題集でスコアを測定したところ750(L:400、R:350)でした。特にリスニング問題が前より格段に聞き取りやすくなっており、CNE1での学習によって、予想以上にリスニング能力が向上していたことに気づきました。

その後2ヶ月間、英単語と公式問題集の復習に重点を置き1日6時間位勉強し、TOEIC公式テストを受けました。結果855(L:445 R:410)を取得することができました。

nobuhiro-3

おわりに

CNE1にて、短期間集中でマンツーマンレッスンを実施し、平易な文を正確に聞き取る・話すことに注力した結果、英語の基礎が身に着いたと思います。それは私のレベルやモチベーションを常に把握し、適切に指導してくれた講師陣・スタッフ様の力量、誠実な姿勢のおかげです。帰国後、基礎をベースに英単語や問題集の勉強をしたことが、予想以上にTOEICのスコアアップに繋がったと考えます。

nobuhiro-4

また、TOEICを受けるメリットはもう一つございます。留学後は英語に接する機会が極端に減りますので、TOEICを目標とすることで勉強のモチベーションを繋げることができます。CNE1にいるときには、スピーキングテストのスコアを伸ばすことが目標の一つだったのですが、卒業後にはそれをTOEICに置き換えることで継続的に英語を学習できました。卒業した皆様にも、勉強を続ける意味でも、資格という意味でも、TOEICを取得することを強くお勧めしたいと思います。

留学中はユーモアあふれる講師陣やスタッフの皆様に良くして頂き、快適に過ごせました。バッググラウンドが違いますが、文字通り苦楽を共にした友人が沢山でき、良い思い出が沢山あります。異国の地にて3ヶ月暮らし、様々な文化・人々に触れ、色々思案したことは、自分の価値観をポジティブな方向に少し変えてくれました。

お世話になりましたCNE1の経営陣、講師、スタッフの皆様、そして友人達、本当にありがとうございました。

参考

スピーキングテスト 28 → 58
TOEIC 490(留学前) → 750(留学後) → 855(留学後2ヶ月独学で勉強後)

nobuhiro-5


Tags: , ,