30代 男性
2013年2月~8月(25週間)
日常会話マンツーマンコース 6時間
発音&リスニング集中プログラム 2時間
プレゼン&ディスカッションクラス 2時間


私は、13年間勤めていた会社を退職し、約6ヶ月間、CNE1に留学しました。そして、最高の時間を過ごすことができました。

自分で言うのも恥ずかしい話ですが、私は人前で話すのも苦手で、社交的でもなく、何か特技があるわけでもありません、どちらかというと、全てにおいて人並み以下だと思っています。もちろん英語力も殆どありませんでした。

私が留学をするにあたっての目標は2つでした。

  1. 英語を身につける(社会に通用するレベルまで)
  2. 外国人(フィリピン人)と仲良くなる(日本人の友達に近い感覚まで)

最終的に、1. は学校が定めるレベルで3段階上がりました(目標は4段階でしたが・・)。そして 2. も、ホスピタリティあるフィリピン人のおかげである程度達成できたと思います。

こんな私が、在学中に感じた事を正直に書きます。もちろん、私の主観100%ですので、在校生や卒業生の共感は得られない部分が多々あると思います。ただ、これから、この学校への入学を検討されている方の参考になれば幸いです。

CNE1を選んだきっかけ

  1. 授業料の安さ
  2. マンツーマン授業
  3. HPの留学体験記
  4. 日本人経営
  5. フィリピンと日本の距離の近さ
  6. フィリピン人による授業

簡単に言うと以上6つが理由になります。

1. 2. 3. に関しては、HPを見て頂ければ納得して頂けると思います。

4. 日本人経営 に関しては、フィリピンの場合、韓国人経営の学校の数の方が多いので留学、海外長期滞在が初めてである私にとっては、安心材料の一つになりました。

5. フィリピンと日本の距離の近さ に関しても文字通りです。確かに学校は首都マニラから車で約4~5時間位ですが、欧米に留学するよりも、はるかに便利が良いです。

6. フィリピン人による授業 に関しては、この学校を知る前より日本でオンライン英会話を受講していたのでフィリピン人の英語レベルを信用していました。もし、先生がアジア人で不安だという方がいれば、一度事前にオンライン英会話で確認されると良いと思います。

CNE1講師達と。大好きな写真です

CNE1講師達と。大好きな写真です

授業システム・先生

授業システムに関しては、私の場合はビジネスコース以外全て受講しました。授業内容もHPに書かれている通りです。

私が受けた先生の特徴は、全員が、社交性があり熱心です。もちろん、たくさんの生徒がいますので、全生徒には難しいですが、自身の生徒に対しては、間違いなくそうです。担任の全先生達が、いかに生徒の英語力を伸ばすか?快適に楽しく授業を受けられるか?できるだけ生徒の希望に沿った授業をしようと努力してくれました。他の先生もきっと同じだと思います。

私は、授業中に泣いたことも数回あります(笑)。まさか自分もこの年齢になって泣くとは思いませんでしたが、泣いてしまう位、先生の生徒に対する情熱が伝わり、それに対する自分の不甲斐なさから感情が揺さぶられてしまいました。良い思い出ですね。

また、CNE1では、途中で先生をチェンジすることも可能です。私は2ヶ月に1回のペースで先生のチェンジ及びコースの変更を行いました。理由は、他の先生と話す機会を増やすためと、中だるみを防ぐためでした。担任の先生にチェンジしたい旨を、事前に相談すると、どの先生も皆、快く理解してくれました。チェンジした後も、一緒の施設の中に住んでいるので、気まずくなるのは嫌だなと、不安な気持ちになりましたが、その後も会うと必ず挨拶をしてくれる、CNE1の先生はそういう人達です。

英語環境

英語環境に関しては、どうしても日本人の多い学校なので、日本語を聞かないで過ごすという事はできないです。ただ、「EOPカード」という物があります。簡単に言うと、英語しか話す意思がありませんという意味のものです。私も日本語を排除しようと思い何度かつけました。効果は先生から話しかけてくれる回数が増えたかなと思いました。

私の推測ですが、先生側としても、EOPカードを付けている生徒に対して好印象を持っている感じでした。また、その際も生徒の皆さんも英語で話しかけてくれたので、嫌な思いは殆どしませんでした。一度だけ、日本人の集団に「ハロー!!」と言われて手を振られ、なんかバカにされてると感じました、当然、無視しましたけど、それだけです。

後は、自分次第でいくらでも英語と触れ合う環境を作ることができます。休憩時間、食事時間、授業が終わった後、先生は必ず敷地内のどこかにはいます。アグレッシブな方はどんどん話かけられていきますし、私の場合は、自分から話しかけるのは、苦手だったために、わざと外で勉強していました、先生から話しかけてもらえるチャンスがあるからです。

フリークラス・クラブ活動

HPにもある通り、この学校にはクラブ活動があります。

自分は主に、

EOPクラブ
先生と生徒の混合グループで、様々なトピックについて意見を言う。
Toastmastersクラブ
クジを引いて、スピーチを行い、参加者全員でそのスピーチに対しての評論をする。

この2つのクラブに参加していました。

また、フリークラスというのもあって、月・水・木の15時~15時50分の間に、何らかのアクティビティがあります。これも、自分はできるだけ参加していました。

私は、是非皆さんに、これらのクラブに参加することを勧めます。メリットは、授業以外の部分で英語のアウトプットができる、知らない先生とも知り合いになれるチャンスがあるからです。特にグループレッスンを受講されていない方にはお勧めです。他の生徒がどんな感じで話しているのか?どんな言い回し・フレーズを使っているのか?の確認、また、他人のスピーキングを聞くことでリスニングの訓練にもなります。

自分の先生のスピーキングはだんだんと慣れてきて聞き取れるようになりますが、他の先生と話す時に急に聞き取りづらくなるという可能性が発生するからです。そういう普段の授業の不足部分をカバーしてくれます、しかも無料です。

また、特に所属とか、そういう堅苦しい物でもなく、一度出席したら、その後も出席を求められたりすることはありません。あるのは、参加するか、しないかだけです。本当におすすめですよ。

自身の英語勉強方法

正直、これは人にお勧めできるようなものはありません。今でも自分の勉強方法に疑問を持っていますし、楽なやり方、非効率なやり方をしています。私が勉強方法の中で最も参考になったのが「中山麻衣さん」の体験記です。

全然その通り、今もできてないですし、在学中もできなかったですが、一つの勉強方法の指針であると思います。あと、私が6ヶ月いて、英語の伸びが早いと思った人には共通点が2つありました。

一つ目は、とにかく先生や学校のスタッフと話す人です。私はあれは一つの才能だと思いますが休憩時間、食事時間、授業の後も自らすすんでそういった場所に身を置いていました。

二つ目は、音読をよくしている人です。私が井坂相談所(経営者の井坂さんが生徒のリクエストにより、相談にのって頂ける場のこと)に行って勉強の方法を相談した時に言われた事で印象に残っている事があります。

「とにかく音読をしてください。そして、英語を口から出すことに慣れてください。」
「イチローは今でも素振りをしています。一番基礎的な練習を今でもしています。」
「英語を習得するのに、近道なんてありません。」

この面談以降から、考え方が変わりました。それまでは、何か効率の良い勉強方法はないか? iPhoneの良さそうなアプリを見つけては満足だけして終わりでした。今でも、アプリ探しはやっていますけど(笑)、とにかく英語を習得するためには、勉強するしかないんだなと切り替わり、音読もするようになりました。この面談以後は、勉強する際に迷いなくできるようになりました。

そして、これから留学をしようと思っている人にお伝えしたいのは、井坂さん、CNE1の卒業生の殆どが口を揃えて言うことですが、留学前に文法と単語を少しでも勉強するに越したことは無いと思います。ゼロに近い状態では授業中に文法の事を質問できず、質問しても、先生の説明が理解できません。どんな実力のある先生でも日本語を話せない限りは、上手に説明できるわけがありません。その場合は日本語で書かれている文法書を読む方が効率的ですし、理解もよりできます。

この事に早く気づくべきだったと、本当に後悔したのを覚えています。それでは、勉強していない人は留学できないのか?というとそういう訳ではありません。現在CNE1では、英語を基礎から効率よく勉強ができるカリキュラムを作成していると聞いています。新カリキュラムについて聞いた限りでは、当時の勉強せずに留学に来た時の自分にぴったりの内容でした。

とは言っても、何でも良いので、英語に関する事を留学する前にすることは絶対に無駄にならないという事だけはお伝えしたいです。

宿舎

6ヶ月間、4人部屋で生活しました。自分的には、非常に快適で、本当に何の問題も無く過ごせました。停電もたまに発生します(すぐに復旧しますが)、たま~に水も止まります(これも、すぐ復旧します)。まさか、一流ホテル並みの設備や、サービスを期待して、ここに来る人はいないと思うので、もしそうであれば、物足りないと感じると思います。

私は、共同生活を今まで殆どしたことは無かったですが、ここに来る人は、私の知っている限りいわゆる常識のある人ばかりで、嫌な思いも殆どしなかったです。確かに4人部屋は、プライバシーもないですし、音も気になることはありました(私が迷惑かけたこともいっぱいあります)。しかし、その分、一人部屋より安いというメリットが大きかったので何も文句はありませんでした。

学校スタッフ

フィリピン人スタッフと、日本人スタッフが常駐しています。フィリピン人スタッフもみんなすごく、フレンドリーで仕事も一生懸命している印象でした。また日本人スタッフの方には本当にお世話になりました。

特に最初の方は、英語も満足に話せない不安な中、授業の事、自分の体調の事などで相談にのって頂きました。その存在感だけで不安なく過ごすことができました。(ただ、旅行代理店のようなサービス・業務されていないので、そこは誤解なく・・・・・。)

食事

これは好みの問題があるので正直なんとも言えません。特に私は好き嫌いが多いのと長期滞在だったので・・・。美味しい時もあるし、苦手な時もあるという印象です。ただ、スタッフは味を向上させるためのアンケートをとったり非常に熱心にしていました。長期の方は飽きを防ぐためにも日本食(ふりかけなど)用意されると良いかもです。あとは、学校内にカフェがあり、そこの軽食や、学校の向いにも食堂があります。近くのショッピングモールには、マクドやKFCもあります。

休日のアクティビティとして

休日のアクティビティとして

休みの日の過ごし方

バスで行ける範囲で、海あり山ありです。私は近くで行ける大抵の場所に行きましたが良い息抜きになりました。あと、山の方面、バスの中は寒いです。少し冬物衣料を持ってくることをお勧めします。

あと、治安は、運よくマニラ以外は一切危険を感じませんでした。とは言っても、私は多少旅慣れている部分があったからだと思います。。従って、初めての海外だという人は、日本と同じ感覚で行動さえしなければOKです。特に出歩く時間帯や貴重品管理や服装でしょうか?学校外で発生したことは全て自己責任になりますので、気持ち良く日本に帰るためにも注意を怠らないでくださいね。

最後に、改めてこの学校の魅力を伝えたいと思います。

立地条件

本当に付近には何もないところです。ただ、その分、セブやマニラより集中して勉強できる環境があります。私はここのロケーションも大好きでした。ホッとできる場所です。6ヶ月間ずっと、ホッとしていました(笑)。あと、バスで15分の場所にショッピング・モールがあるので、そこで大抵なんでも買えます。なので、基本、不自由すること無いと思います。

授業の風景でCNE1らしくて好きです

授業の風景でCNE1らしくて好きです

先生との距離が近い

これは、私は他の学校に行ってないので、断言はできませんが、まず、これだけたくさんの先生が同じ敷地内で滞在している学校は無いと思います。つまり授業外で英語を使う機会がたくさんあると言うことです。

CNE1のフィリピン人・学校の雰囲気

私はこれに尽きると思います。全てのフィリピン人が素晴らしいとまでは言えません。ただ、この学校にいる方は全員素晴らしいです。皆、何らかの才能を持っており社交的で礼儀正しい人ばかりです。本当は、彼らもシャイなんですけどね。皆、少しでも生徒が楽しく滞在できるように、少しでも英語力が伸びるように全力でサポートしてくれます。こういった雰囲気が好きで、忘れられないから、リピーターの方も多いんですね。

また、生徒だけがそう思っているわけではありません。ある先生が言っていました。「他にも給料が良いところがあるけどもそれでも、自分はここで働くことを選ぶ。ここの雰囲気が好きだから。」と。彼らにとって決して楽な職場ではありません。でも、総じてみんな、活き活きと仕事をして、自身の仕事に対して誇りをもっています。類は友を呼ぶではないですが、きっと同じ方向性を持った人達が集まってきて選抜されているので、自然と学校の雰囲気も良くなるんだと思います。

また、生徒もしかりです。素晴らしい日本人が集まってきています。10年以上働いた職場で築けない人間関係を、ここでは作ることができました。

一番仲良かった軍団です

一番仲良かった軍団です

CNE1を卒業した後

冒頭にも書きましたが、この学校で勉強できたおかげで、ある程度、外人とコミュニケーションをとることができるようになりました。今、この英語力を持続、伸ばすために再びオンライン英会話で多国籍の人と会話しています。驚くほど、前より話せるようになっています。そして、いろんな国の人と話せることが今、楽しくて仕方ないです。これも、CNE1でいろんな先生と授業中、また外で会話したことが身を結んでいると思います。

CNE1はきっとこれからもどんどん大きくなっていくと思います。どうか、この校風を持続させて欲しいと心より願っています。また。この学校に一人でも多くの日本人に来てもらって、共感できればと思っています。

何の才能も持っていない私でも達成感を感じることができて、幸せな時間を過ごせました。皆さんであれば、もっと楽しめるし、英語だけでなく、いろんな大事な物をつかめると思います。

私の場合、大事なものをつかんで、自分の海外就職という目標がより明確になりました。で、目標を達成し、軌道に乗ったら、この学校に報告に来たいと思っています。

それが今の私の小さくて大切な夢です。

卒業式

卒業式


Tags: ,