20代 男性
2010年11月(2週間)
日常会話マンツーマン8時間コース
インターカルチャルプログラム1時間
Twitter:http://twitter.com/B072
ブログ:http://ameblo.jp/cne1kenji/
Facebook:http://www.facebook.com/profile.php?id=100001817567359


はじめに

僕は今大学四年生です。来年院に進学することが決まっています。専攻は水文学で、将来したい仕事に英語が必須だと最近気づきました(遅い)。が、しかし英語全く話せません、笑。TOEIC250点です。名前書いて寝ます。。。というわけで、近々一年ほど英語圏に留学したいなぁと考えています。でも手段に悩んでいるのです! 大学交換留学、語学学校、ワーホリ…色々手段はあると思います。そんな時、格安マンツーマンのCNE1を知ったわけです。二週間でどれだけ変わるのかチャレンジしました!

授業環境

僕はマンツーマン八時間+インターカルチュアル(簡単に言えば国際交流)一時間の計九時間をとっていました。先生方は自分のペースに合わせて授業をしてくれます。英語を話すことができない僕にもわかるようにゆっくり優しい英語を使ってくれました。また質問にもとことん付き合ってくれます。ある時、自分が納得いかない個所がありました。ソニーという先生が三十分も付き合ってくれたこともあります、笑。インターカルチュアルの時間には、先生をさしてもらったこともあります。五・六人のフィリピン人の前で、日本の問題点などを僕なりに英語で説明させて頂きました。若干間違ったイメージを植え付けてしまったかもしれません。訂正願います、笑。

また井坂さんが親身になって相談にのってくれたりもしました。ガーリーやエレーナが遊びに連れて行ってくれたりもしました。寝食を共にするため、みんなが本当に家族のように接してくれて、すごくアットホームで本当に心地の良い場所でした!!

衣食住

服はというと、夏ですので半袖、半パン、サンダルをオススメします。僕は速乾性のTシャツ(ドライTシャツ)を二着持ってたのですが、五着くらい持っていけば良かった思いました。海やプールにいく可能性が高いので水着、ゴーグルなども必需品です。洗濯はバネッサが奇麗にしてくれます!柔軟剤も使ってくれていい匂いがします。
 
食はというとマリアータとマイルズがめちゃうまです。フィリピン人は肉ばっかり食べるのですが、CNE1ではちゃんと野菜や果物も出ます。完熟マンゴーがめっちゃおいしいです!極まれに塩辛かったり(逆にごはんが進んでおいしい)、すっぱいスープ(フィリピン料理)が出ますが、その時は柔軟に対応してください。ちなみにおなかいっぱいはI’m fullです。これは覚えといたほうがいいです、笑。
 
住はというと、寮をイメージしてください!!!これに尽きると思います。間違ってもホテルはイメージしないでください、笑。お湯もちゃんとでますし、ベッドもエアコンもちゃんとありますし、僕は不自由したことはないです。ルームメイトのチョンウーもいい子で、すごく楽しかったです!!

その他、諸注意

虫よけとムヒは必需品です。蚊に刺されます。僕はアリが多いという前情報を得ていたので、アリ対策グッズを持参したのですが、実際ハエが多かったです。がすぐに慣れます。仕様です。虫が苦手な方は事前に最新情報をご確認ください。

最後に

僕はたった二週間しかいませんでしたが、最後ガーリーと英語でやりとりする夢を見るくらいになりました、笑。実際聞き返す回数も減り、ゆっくりであればかなり聞き取れる感じです。まだ所謂、”英語脳”には程遠いですが、頭の中で考えた英語を自分の知っている表現を駆使して会話できるようになりました。正直二週間でここまで変わるとは思ってもみませんでした。帰国後の英語の授業でも外国人の先生とディスカッションすることができました。本当に成長したと感じております。

話は変わり、僕は今回行動を起こす大切さというものも学びました。友人からCNE1を紹介してもらって、すぐに井坂さんとコンタクトをとり、その二週間後にはフィリピンで英語を勉強していました。その結果すごく満足度の高いものをCNE1で得られました。もし留学やCNE1に興味があるのなら、何かアクションを起こしてみてはいかがでしょうか?まれに「海外に行く人は外交的な人が多い」と聞きますが、CNE1は内向的な人でも大丈夫です。みんなが「Hi,Kenji」というふうに話しかけてきてくれますので、しゃべらざるを得ません、笑。

また皆様お気づきの通り、僕には文才がありません、笑。でも伝えたいという気持ちはあります!なぜなら英語はもちろんのこと、それ以外のことでも本当に満足することができたからです。ツイッターのアカウントを載せておきますので、何か質問などございましたらお気軽に連絡ください。
 
最後にこの場を借りて、CNE1の皆様、また僕にCNE1を紹介してくれた堀井君に感謝の意を表したいと思います。本当にありがとうございました。最後に、最後に、また行きたいです!!!笑

kenji-3


Tags: ,