Home > 教育プログラム

教育プログラム

  • 2015-01-11 (日) 11:45

英語教育のトレンド

21世紀 急速なグローバル化が進展

日本に英語が初めて来たのは、1600年頃と言われています。以後、鎖国時代の空白を経て明治維新以後、急速に日本は近代国家へと変貌するべく、必要な産業知識、国際情報を大量に欧米から吸収していきました。その過程で大きな役割を果たしたのが英語です。
戦後、日本はアメリカの支援を受けながら大量生産、高度成長時代へ。英語は、優秀な人材を選抜する手段にいつの間にか変貌していき、英語習得の目的も学校の成績や入学試験、いわゆる受験英語に変わっていきました。21世紀に入り、IT技術の発展に伴い急速なグローバル化が進展し、英語はビジネスの場で、必要という流れが出てきました。特にコミュニケーションするための力が急速に求められるようになってきています。日本を取り巻く、社会環境も激変してきており、特に少子高齢化問題が進行する中で、日本のマーケットはこれから徐々に縮小していきますので、日本の企業が新たなマーケットを求めて、アジアを中心とした海外展開に出るのは時間の問題です。企業は、さらにグローバル化を目指し、英語を話せる従業員を求める傾向が強くなっていくでしょう。
これまでの過程で、日本の英語教育は、目で読んで、理解する事、すなわち英文読解や文法に重点を置きすぎ、音声面での教育を重視してこず、特にコミュニケーションする為の勉強をしてこなかった事が、今の日本の英語教育の最大の問題点です。
私達CNE1は、この問題点を解決する一つの手段として、グループレッスンではなく、マンツーマン中心の勉強スタイルを皆様にご提案します。

マンツーマンだからここまで話せる!

従来型のグループレッスン中心の授業の場合、1クラス10名~20名いますので、おのずと1時間のクラスの中で、生徒が話す時間は限られてしまいます。他人の目線を気にされる方は、ほとんど話す機会がありません。学校を運営する側としてもグループレッスンの方が効率的です。ただ、時代の流れはコミュニケーション力重視の時代です。CNE1は、時代の流れ、生徒の要望に合わせて、コミュニケーション力向上に最適なマンツーマンレッスンに特化しました。他人に気にする事なく、担当の講師と徹底的に話す事ができます。分からない点もすぐにその場の講師に聞けます。マンツーマンレッスンは、グループレッスンとは比較にならない程、英語を話す事ができます。

自分が学びたい目的とレベルに合わせて英語を学びたい!

従来型の語学学校は、試験を受けてそのレベルに合ったクラスに入れられ、皆、同じテキストを使い、同じカリキュラムを受けさせられ学校側の一方的な方針に従わないといけません。しかもいくらレベル分けにクラス編成しても10~20名いるとおのずと生徒間のレベルはバラバラ。教える講師もどのレベルに合わせて授業すれば良いかわからないといった問題がおきています。しかし、本来は、各個人によって、英会話を学ぶ目的もレベルも違います。自分が学びたい目的と自分に最適なレベルに合わせて英語を学びたいのが生徒の本音です。我々CNE1は、この生徒と講師の問題点を解決する為に、あなた自身が選べる目的別マンツーマンカリキュラムを採用し、クラスは、5段階別にレベル分けをしていて、あなた自身のレベルに最適な授業にしています。あなた自身の目的と英会話レベルに合わせた最適なマンツーマンコースのプランを主任講師と日本人カウンセラーと一緒にとことん考えます。マンツーマンレッスン特化のCNE1だからこそ、ここまでの柔軟なプログラムができます。CNE1では、3つの目的別メインコースと6つの追加プログラムと2つのフリーレッスンを用意しています。一緒に最適なプランを考えましょう。

グループレッスン市場の衰退と欧米・日本のマンツーマンレッスンの問題点

日本での英会話教室のマーケットは、ここ数年激変が起きています。グループレッスンの市場マーケットは、年々縮小しています。最大手のグループレッスン主体の語学学校が大型倒産したのは、象徴的です。ただし、マンツーマンマーケットは堅調に伸びているのが下記の表からわかります。(参考)マンツーマンシェアの推移 2006年(12.1%)→2007年(14.3%)→2008年(16%)

この流れは、少し前の学習塾の流れと似ています。従来の塾は、グループ講義でしたが、今では、個別指導の塾が、大きくマーケットを伸ばしてきています。
時代の流れ、顧客の要望に合った学校だけが、生き残るのが、現状です。
マンツーマンレッスンが、顧客の要望に合って伸びているのは、事実ですが、実はここにもおおきな問題点があります。それは、価格の高さです。
大手マンツーマン専門の語学スクールの価格帯は、12か月コース75回レッスン(40分)で、1レッスン単価が、だいたい6,800円ぐらいです。その他の大手語学学校のマンツーマンレッスンの価格を見てもさらに高い価格が表示されています。
この価格帯だと一部の人しか満足なレッスンを受ける事ができません。また、欧米の語学スクールでもマンツーマンレッスンがありますが、価格は非常に高いです。価格表を載せていない学校も多々見受けられます。
CNE1は、この大きな生徒の悩み、問題点を解決する事に取り組みました。

フィリピンでの英語留学のメリット

CNE1が取ったこの大きな問題点の解決策は、日本からもっとも近い英語圏(英語人口世界3番目)のフィリピンで、直営のマンツーマンスタイルの語学学校を作ることです。

なぜ、フィリピンで英語留学?

語学留学費用を大幅に下げる為には、留学先の場所を物価の高い欧米から変える事が必要不可欠でした。そこで、日本から近く物価が安い、英語がよく通じる東南アジア諸国に注目し、実際に経営陣が、現地調査に行きました。調査対象国は、フィリピン、マレーシア、シンガポール、バリ島(インドネシア)、スリランカ、インド、ネパールの7カ国でした。トータル10ケ月間かけて、そこに住んでみて、様々な観点からチェックしました。その結果、最終的に自信を持ってお薦めできる国として、フィリピンを選びました。自分自身が体験して納得しないと生徒様に薦める事ができない性格上、このような時間と費用をかけました。

フィリピンに決めた大きな理由は、3つ。

  1. フィリピンの物価の安さ。欧米の1/3~1/5。場合によっては1/10の格安です。
    フィリピンに来て、驚くのはその物価の安さです。欧米の1/3~1/5。場合によっては1/10です。こちらに初めて来た日本人の口癖が「安い!安い!」です。タクシーの初乗りは、30ペソ(60円)、(※空港からのクーポンタクシーは違います)バスだと近ければ、10~20ペソ(20円~40円)、コーラー20ペソ、(40円)ビール25ペソ(50円)、マッサージ1時間250ペソ(500円)などなど上げればきりがありません。留学先での費用は、大きく分けて、授業料、宿泊費、生活費の3つです。従来の欧米留学では、物価や人件費が高い事もあり、ここの3つの費用を大幅に削減する事はできませんでした。CNE1は、物価や人件費の安い英語圏であるフィリピンに直営の校舎・宿舎・キャンパスを構えていますので、授業料、宿泊費、生活費の3つを大幅に下げる事を可能にしました。従来の留学費用では考えられないぐらいの驚きの低価格を実現しました。
  2. 日本からもっとも近い英語圏(英語人口世界3位)。航空運賃も安く時差が1時間。
    以外に知られていないのが、フィリピン人の英語力の高さです。フィリピンでは、英語とタガログ語が国の公用語になっています。実際、アジア15カ国を訪問して思ったのは、その中で、フィリピンは、1番英語でのコミュニケーション力が高い国だという事です。フィリピンでは、ラジオ、新聞、テレビでも英語が日常で流れていますし、映画館で映画を見ても字幕がありません。学校の授業も英語で行っています。CNE1の母体であるCarthel Science Educational Foundationの授業も英語で行っています。欧米企業がこぞってフィリピンにコールセンターを作っていったのは、理解できます。また、フィリピンは、東南アジアでは、珍しくアメリカ英語を使いますので、アメリカ英語に馴染みが深い日本人にとってはかなり良いでしょう。フィリピンのマニラは、東京からわずか4時間半、大阪からは3時間半という日本からかなり近い場所にありますので、当然、航空料金、燃油チャージ料はその分安いです。時差は、1時間です。さらに関西空港からは、LCC(格安航空会社)のセブパシフィックが週3便運航しており、時々、プロモーション価格で片道航空券990円、4,999円という信じられない超格安価格で航空券を販売しています。通常でも片道航空券を11,000円~15,000円という格安で販売している事が多いので、セブパシフィック航空のHPを頻繁に見る事によって超お得な航空チケットが手に入る事もあります。(セブパシフィック航空は、ホームページから直接チケットを購入します。片道チケットだけを購入する事も可能ですが、入国時に出国チケットが必要ですので注意が必要です)
  3. フィリピン人の温かく、フレンドリーな性格と高いコミュニケーション力が決め手!
    語学学校で一番大事なのが、講師です。特にコミュニケーション力向上を目指しているCNE1では、ここを特に重要に考えています。フィリピン人の明るく、フレンドリーで、コミュニケーション力が高い特長は、まさに英語の講師に相応しいと考えます。さらに日本人と同じアジア人であるので、心理的にとても親しみやすく、バイリンガルなので講師は英語を学んでいる生徒の気持ちが良くわかる。使う英語表現も語彙も日本人が理解しやすい表現に合わせてくれます。初めて、英語を習うのはフィリピンでマンツーマンレッスンを受けるのが、最適だと言われる所以です。費用対効果で考えると、フィリピン英語留学は、世界最安値だといわれるのは納得です!

フィリピン人の発音のなまりと治安はどうなの?

発音に関しては、フィリピンは、アメリカ英語ですので、日本人にとっては良いと思います。ただ、ネイティブではないので、当然ながら発音は少しなまりがあります。ただし、CNE1の講師においては、しっかりと教育を受けていますので、綺麗な英語を話しますので、ご安心ください。フィリピンで授業を受けた事がある日本人約40名に聞き取り調査した所、それ程、気になるものではないという回答が比較的多かったです。CNE1では、講師の発音を動画で見られるようにしていますので、一度、ご確認ください。
治安については、十分対策をしていれば問題はありません。CNE1の学校を作る時にもっとも気を使ったのは、ロケーションです。マニラ市内には、学校を作らず、郊外の治安が良いタラック州にあるサン・マニュエル市に作りました。治安はとても良いです。CNE1は、母体となっているCarthel Science Educational Foundation校のキャンパスの中に作られていますので、さらに安全・安心です。学校内には、警備員が24時間体制で警備していますので、まったく問題はありません。

「スピーキングトレーニング」に特化しているCNE1のマンツーマンレッスン

CNE1のメインカリキュラムの特長は、マンツーマンレッスンの利点を最大限、活かしたコミュニケーション力の向上に特化している点です。特に「スピーキング力」の向上に最も力を入れています。

日本で大量に練習する事ができない「英語を話す」事に絞って徹底的にトレーニングするので、時間効率と費用対効果が最大化します。日本でも勉強ができる「聞く」、「読む」、「書く」の比重を下げる事で、英語学習の効率を一気に上げます。英語で話す練習量が多ければ多いほど、上達も早いです。CNE1では何度も何度も声を出して英語を話す練習をします。

CNE1では、とことん生徒さんが英語で話せる環境を作っています。CNE1のキャンパスには英語で授業を受けている500名を超えるフィリピン人の生徒がいます。またCNE1の講師やスタッフ達も同じキャンパス内に住んでおり、いつでも英語で話しができるようになっています。また、講師と生徒の自主的なクラブ活動も授業後に行われていますので、実際の生活の中で生きた英語の勉強が使えます。

CNE1 コース紹介

CNE1には、『CNE1カスタマイズコース』と『CNE1プレミアムパッケージコース』の2つのコースがあります。自分の目的や要望に合わせて、自分で自由に選ぶ事ができます。

『CNE1カスタマイズコース』
自分で自由にプログラムをカスタマイズしたい方!

『CNE1プレミアムパッケージコース』
目的を絞ったスペシャルプログラムを受けたい方!

コース取得の流れ

まずは、ご自身が英語を学ぶ目的は何なのか決めましょう。ここをしっかり決めるのと決めないのでは、その後の英語習得に大きな差がでてきます。CNE1の日本人カウンセラーが、生徒様1人1人の英語習得の目的をしっかりとヒアリングさせて頂きます。目的が、まだハッキリ決まっていなくても大丈夫です。いっしょに考えていきましょう。

まずは、『CNE1カスタマイズコース』と『CNE1プレミアムパッケージコース』の2つのコースがありますので、自分の目的や要望に合わせて、選んでください。日本人カウンセラーと一緒に決めますので、ご安心ください。

『CNE1カスタマイズコース』

4つの目的別メインコース(『話すため』の中学基礎英文法&単語、日常英会話、ビジネス英会話、TOEICⓇ対策)から1つ自分が学びたいコースを選んでください。メインコースはマンツーマンレッスンで、各4時間となっています。

その次に必要な方のみ12個の追加プログラムから自分が学びたいプログラムを選んでください。追加プログラムは、マンツーマンコースと少人数グループレッスン(2~5名)の2種類があります。各2時間となっています。追加プログラムは、最大4時間まで追加取得可能です。

無料コースは、グループクラスです。平日の月曜日から木曜日の15時から50分です。予約なしで、いつでも参加可能です。可能であればどんどん参加しましょう。

  • CNE1では、最低限メインコース(4時間)を1つ選んで頂く事になっています。
  • メインコースと追加プログラム合わせて、最大8時間まで授業を取る事が可能です。
  • 追加プログラムは、ご希望の方のみが選択となります。

『CNE1プレミアムパッケージコース』

6つのスペシャルコース(TOEICⓇ試験総合対策集中コース、アジア海外就職面接対策コース、とことん話す1週間!『超』弾丸留学、ワーキングホリデー準備コース、おもてなし接客英会話コース、ITプログラミング基礎入門コース)から1つ自分が学びたいコースを選んでください。このコースはマンツーマンレッスンで、各6~8時間となっています。

  • ワーキングホリデー準備コース、おもてなし接客英会話コース、ITプログラミング基礎入門コースの2つのコースは、2015年の春頃に開講を予定しています。

『無料コース』

グループクラスです。平日の月曜日から木曜日の15時から50分です。予約なしで、いつでも参加可能です。可能であればどんどん参加しましょう。

無料クラスは、ご希望の方のみが選択となります。

カスタマイズコース プレミアムパッケージコース

コース紹介

CNE1では、2つのコースを用意しています。 

  1. CNE1カスタマイズコース
  2. CNE1プレミアムパッケージコース

CNE1カスタマイズコース紹介

CNE1では、4つのメインコースを用意しています。 

  1. 『話すため』の中学基礎英文法&単語マンツーマンコース
  2. 『日常英会話』マンツーマンコース
  3. 『ビジネス英会話』マンツーマンコース
  4. 『TOEICⓇ対策』マンツーマンコース


詳細カスタマイズコース紹介

CNE1プレミアムパッケージコース紹介

目的を絞ったスペシャルプログラムを受けたい方!

  1. TOEICⓇ試験総合対策集中コース
  2. アジア海外就職面接対策コース
  3. とことん話す1週間!『超』弾丸留学
  4. ワーキングホリデー準備コース
  5. おもてなし接客英会話コース
  6. ITプログラミング基礎入門コース


詳細プレミアムパッケージコース紹介

無料グループコース(1時間)

月曜日から木曜日の15:00~15:50の1時間は無料のクラスを開催しています。どなたでも参加できます。

フリースタイルクラスは、アウトプットの練習と留学生間の相互理解を深める為に作られたグループクラスです。フリートーキング、ディスカッション、プレゼンテーション、スピーチ、ゲーム等、生徒様のリクエストも聞きながら楽しく、学べ、留学生間の絆が深まるようなクラスを目指していきます。

楽しく学べ、しかもうれしい無料コースですので皆様の参加をお待ちしています。毎日この1時間(15:00~15:50)の間だけは他のクラスを開講しませんので、なるべくすべての生徒様に参加して頂く事をお願いしています。

コース決定の流れ

当校に到着した翌日に、TOEICリーディングテスト(75分)とTOEICスピーキングテスト(20分)の2つのテストを行います。

皆様に合った最適なコースをご提案させて頂く為に、すべての方にテストを受けて頂きます。試験結果を踏まえ、日本人カウンセラーによる英語習得の目的、ご要望のヒアリングをさせて頂きます。悩みや不安も含めてお気軽にご相談ください。その後、当校のコース概要を実際に利用するテキストを見せながら説明をさせて頂きます。疑問点等があればその時、積極的にお聞きください。その後、皆様の目的とレベルに合った最適なコースの提案とコースが決定します。

レベルのご紹介

TOEICスピーキングテストの試験結果をもとに、生徒様のレベルを10段階に分けています。入学時にテストを行います。そして4週間毎にTOEICスピーキングテストを実施して、スピーキングテストの結果を数字とチャートでまとめた物を生徒様にお渡ししていますので、ご自身のスピーキングの伸びを可視化できて、確認することができます。

  • 1週間から3週間の生徒様は、卒業される週にスピーキングテストを実施させて頂きます。
LEVEL SCORE DESCRIPTION
Basic 0 – 10

  • Knows the alphabet but somewhat finds it hard to recognize the letters
  • Can hardly understand simple commands and questions
  • Needs the full guidance of the teacher in all aspects of the communication skills & Requires a lot of repetition
  • Can say or repeat words or phrases by imitating the teacher & Can follow simple useful expressions
  • Seldom talks and respond & Have very short attention span in certain topics

Upper-Basic 11 – 20

  • Can follow and understand simple and single-step directions
  • Can answer very simple questions with one-two word
  • Can read simple words, phrases and sentences with the guidance of the teacher
  • Can achieve written communication with the help of drawing/pictures
  • Has limited vocabulary but can identify what is being describe with the help of pictures
  • Don’t yet possess the ability to explain around unknown words
  • Pronunciation is not that good & Requires repetition and rephrasing
  • Not really talking much, but is more inclined to listening to the speaker

Beginner 21 – 30

  • Can understand simple statements, phrases, questions and sentences
  • Can express themselves through simple sentence
  • Can already give their reactions to a certain topic being talked about

High-Beginner 31 – 40

  • Can catch up with what the teacher is saying & Can follow instructions with multi – step directions
  • Can answer questions with a phrase or sometimes with a sentence but they need to polish sentence construction
  • Can speak English with a manner of understanding & Can participate in writing activities with teacher’s support
  • Can pronounce some simple words and can read sentences. But still need the guidance of the teacher
  • Can express what he wants to say in an acceptable manner
  • Can speak with confidence about familiar topics, yet will have long pauses
  • Reads with confidence with the right intonation and pacing. However, some mistakes are still evident

Pre-Intermediate 41 – 50

  • Can understand simple – complex instructions with multi – step directions
  • Comprehension level is good and can understand simple texts, articles or even stories
  • Can relate with simple and short conversations with areas of interests
  • Is beginning to develop key vocabulary but they don’t yet possess the ability to explain around unknown words
  • Can ask and answer questions, but little or no additional information or follow-up questions voluntarily occur
  • Can read well but some mistakes are still made
  • Can confidently converse orally but may make errors in continuous communicative situations

Intermediate 51 – 60

  • Can talk about various topics with ease and confidence
  • When explaining, there may be instances that what they are saying is not clear
  • Can understand pictures, but sometimes not the details of it

High-Intermediate 61 – 70

  • Is aware of intonation; rates of speech; polite versus formal English; English for general conversation, making requests, or complaining
  • Can follow complex instructions & Can relate previously learned ideas with new ones
  • Can respond to a coherent and sequenced manner & Comprehension level is a way lot higher
  • Is somehow aware of the role of grammar in sentence construction
  • Has sufficient vocabulary to communicate in most situations
  • Is fluent but may make errors in spontaneous communicative situations
  • Can write coherent, unified and sequence sentences
  • Can handle short, basic conversations relegated to work, family, hobbies, and other areas of interest

Pre-Advance 71 – 80

  • There’s already a sense of creativity while using English, can integrate previously learned topics
  • Able to formulate new ideas, which they can also further elaborate
  • More adventurous in terms of discovering new words that they can use
  • Can read with ease and confidence and comprehension skills is good
  • Reads with proper intonation and pacing though minimal errors can still be noticed

Advance 81 – 90

  • New ideas easily arises when a certain topic was discussed
  • New unfamiliar words that had been learned are being used
  • Is able to hold long conversations especially if it discusses the students area of interests
  • Can express themselves well of what they want to say
  • Reads with ease and confidence & Has sufficient vocabulary to communicate in most situations
  • Can write unified, coherent and sequenced sentences but still needs support with the use of some difficult words and aspects of grammar

High-Advance 91 – 100

  • Fluent in English & Speaks smoothly
  • Can understand deep and long conversations & Can explain vocabularies that may seem uncommon
  • Mostly, can guess or understand the meaning of a new word or statement
  • Participates actively in conversations & Able to link more ideas and integrate with a certain topic
  • Has the ability to narrate and describe events that happens
  • Has a wide range of understanding what is being talked about in a group
  • Can confidently use English anytime, anywhere without difficulty & Excellent comprehension skills
  • Has knowledge on grammar. However, they still need support with its most difficult aspects

CNE1の1日のスケジュール

07:00 – 07:50
朝食
08:00 – 09:50
レッスン 2時間(途中10分間の休息)
10:00 – 11:50
レッスン 2時間(途中10分間の休息)
12:00 – 12:50
昼食
13:00 – 14:50
レッスン 2時間(途中10分間の休息)
15:00 – 15:50
フリースタイルクラス 50分
16:00 – 17:50
レッスン 2時間(途中10分間の休息)
18:00 – 18:50
ディナータイム
19:00 –
自習、クラブ活動、休息
  • 授業は月曜日から金曜日までの平日のみ行われています。
    土・日・祝日の授業はございませんのでご注意ください。

CNE1 講師紹介

We’re here!! Because You’re here!!

CNE1の講師は、とてもフレンドリーで、明るく、ホスピタル性が高いので、皆さんに気さくに声をかけてくれます。講師の多くが、同じキャンパスに住んでいますので、朝から晩まで講師といっしょに生活できるのもCNE1の大きな魅力の1つです。授業外でも、講師といっしょに参加するクラブ活動が7つあり、共通の趣味を通じた交流と英語でのコミュニケーションができます。週末は、講師と一緒に近くの市場やショッピングモールに買い物に行ったり、学校で映画鑑賞したり、講師との距離はとても近いです。人と人との出会い、ご縁を大事にするCNE1。CNE1講師一同、皆様のお越しをお待ちしております。

詳細講師紹介

Home > 教育プログラム

応援してくださる方へ
サイトやブログにバナーを貼ってCNE1を応援してください!

Return to page top