パスポートの申請について

留学に欠かせないパスポート。申請時に必要な書類と注意点などを解説しています。

パスポート申請時に必要な書類

一般旅券発給申請書……1通

各都道府県の旅券発給窓口で入手可能。5年用と10年用は申請書が異なるので要注意。

  • 20歳未満の場合、5年有効パスポートしか申請できません。
戸籍抄本または謄本……1通

6か月以内に発行されたもの。発行は、本籍地の市区町村の役所で行う。代理人申請や郵送での取り寄せも可能。

住民票の写し……1通

本籍地が記載された6か月以内に発行されたもの。ただし、住民基本台帳ネットワークシステム(以下「住基ネット」と表記)に接続する都道府県であれば、原則として住民票は不要です。発給申請書に住民票の代わりに「住基ネット」の住民票コードを記入する。なお、「住基ネット」に参加していない地方自治体のパスポートセンターでは住民票の写しが必要となる。

  • 「住基ネット」の適用者は不要です。
写真……1枚

6か月以内に撮影したもの。サイズはタテ45mm×ヨコ35mm。顔のタテの長さは写真タテ(45mm)の70〜80%(34±2mm)。正面、無帽、無背景。カラー、白黒どちらでも可。 旅券発給所内でも写真撮影する場所があります。

  • 裏面に申請者の氏名を記入することを忘れないでください。
  • 写真は、SSP申請時にも必要ですが、サイズは、5㎝×5㎝(2枚)と違いますので、お気をつけてください。
身元確認書類(下記のリストを参照)

運転免許書など(A)の場合は1点
(A)が無い場合は、健康保険証など(B)を2点
または、(B)を1点と学生証など写真が添付された証明書(C)を1点

  • 上記はすべてコピーは不可で、原本を呈示する。

    • 運転免許証 / 船員手帳 / 海技免許 / 猟銃空気銃所持免許証 / 戦傷病者手帳 / 宅地建物取扱主任者証 / 電気工事士免状 / 無線従事者免許証 / 官公庁職員身分証明書(写真添付のもの) / 日本国旅券(失効後6か月以内のものを含む)
    • 健康保険証・国民健康保険証・船員保険証 / 共済組合員証 / 国民年金手帳(証書) / 厚生年金手帳(証書) / 共済年金証書 / 恩給証書 / 実印と印鑑登録証明書
    • 写真が添付されている証明書(会社発行の身分証明書・学生証・公的機関が発行した資格証明書)
  • 上記リストの身分証明書については、基本的にどこでも認められるものだが、自治体によって内容が異なることもあるので、各都道府県の旅券課で確認してください。
  • 従来必要だった官製はがきは2009年3月より廃止され、不要となりました。

参考ホームページ
外務省「パスポートA to Z」

受領できるのは原則的に本人のみ

パスポートの申請から取得までは1週間程度必要ですが、春休み、ゴールデンウィーク前、夏休み前は窓口が混雑するので、特にこの時期は、余裕をもって申請しよう。受領時に必要なものは下記にあげる2点。なお、受領場所は申請場所と同様です。

申請時に手渡される受領書

発給手数料

10年旅券16,000円、5年旅券11,000円、ただし12歳未満は6,000円

発給手数料は申請窓口近くにある売り場で必要金額の証紙を買い、それを受領書の所定の場所に貼る。未成年者の代理申請以外、受け取りは本人のみとなりますのでご注意ください。

切り替え申請と記載内容の変更・増補について

切り替え申請

切り替え申請とは、手持ちのパスポートの有効期限が迫り、新しいパスポートを申請することで、残存有効期間が1年未満なら可能となります。申請に必要な書類は、新規申請の場合と同様ですが、現在所持しているパスポートも必要。新規のパスポートが発給されたら、所持しているパスポートを提出して無効(void)にしてもらう。パスポートの二重発給はできませんので、これをしないと新しいパスポートを受け取ることができない。

記載内容の変更

結婚などの理由で、所持するパスポートの記載内容に変更が生じた場合、新しいパスポートを取得し直すか、記載内容の訂正申請をしなくてはならない。訂正手数料は900円。

増補

ビザ(査証)欄がスタンプでいっぱいになり、新規のビザが取得不可能となった場合、40ページ分の増補が可能。手数料は2,500円。ただし、増補ができるのは1回限りとなります。再び査証欄がいっぱいになったら、切り換え申請をして、新しいパスポートを取得することになります。

パスポートを無くした場合について

万一パスポート(以下旅券)をなくしたら、まず現地の警察署へ行き、「紛失・盗難届出証明書」を発行してもらう。

次に日本大使館・領事館で旅券の失効手続をし、「新規旅券の発給(※1)」または、「帰国のための渡航書の発給」を申請する。

  • CNE1の日本人がサポートしますので、ご安心ください。
  • 旅券の顔写真があるページと航空券や日程表のコピーがあると手続きが早いので用意してください。
  • パスポートコピーは原本とは別の場所に保管しておきましょう。 原則、2枚用意してくさい。

必要書類および費用

  • 現地警察署の発行した紛失・盗難届出証明書
  • 写真(縦45mm×横35mm) 2枚(※2)
  • 戸籍謄本または抄本 1通
  • 旅行日程が確認できる書類(旅行会社にもらった日程表または帰りの航空券)
  • 手数料 10年用旅券1万6,000円、5年用旅券1万1,000円、帰国のための渡航書2,500円。いずれも支払いは現地通貨(ペソ)の現金で。

※1:改正旅券法の施行により、紛失した旅券の「再発給」制度は廃止
※2:IC旅券作成機が設置されていない在外公館での申請では、写真が3枚必要です。

15歳未満のお子様のご入国について

フィリピンでは15歳未満のお子様が単身、または親以外の付き添い人がいる場合にも、日本で在日フィリピン大使館又は領事館へ事前申請する必要があります。

詳しくはフィリピン大使館のホームページでご覧ください。
フィリピン大使館「扶養・保証の同意宣誓供述書」

申請後、約1週間程度で許可がおります。フィリピン入国管理局は現在、一人あたり3,120ペソのWEG申請料を徴収しています。

※申請書類の不備などにより、航空会社には出国・入国を拒否される場合がございます。
※その件に関しましては学校では責任を負いかねますので、必ず各自で航空会社へ確認をお願い致します。