【STEP1】児童教育の本質と概念は日本語でインプット!

児童英語教育のパイオニアでありエキスパートの大西英水先生が今回の為に撮り下ろした「スペシャル講義動画」でノウハウを学びます。
プロになるためのエッセンセンスが詰まったこの動画講義では、 ①フォニックス ②チャンツ ③基礎文法 ④児童歌 ⑤クラス内英会話 ⑥児童心理 ⑦実践心理 と、たっぷりと学ぶことができます。
「学ぶ」作業を丁寧な解説付きの動画講義で確実に頭に入れることで、CNE1講師との授業中は「試す」「実践」に集中することが可能です。
※『フォニックス』・・子供に正しい読み書きを伝えたり、英語の一音、一音を綺麗に発音するためのもの
『チャンツ』・・リズムに乗せて英語を話すこと。子供にとっては、覚えやすく楽しく英語を学べます。

【STEP2】指摘されないと直せない「発音&文法」を徹底的に指導

大西先生からの直接研修を受けたCNE1講師があなたをサポート!
動画講義で習った内容・課題を、CNE1のレッスンで実践していきます。発音矯正や文法など、なかなか一人では学習することが難しい部分を中心に指導します。また大西先生のメソッドを基に1ヶ月で全13回実施される模擬実技試験では、細かいフィードバックも行っています。

【STEP3】『Pingu’s English Japan』認定書授与で就職にも強い!

当コースの卒業生には、『Kid’s ABC Club』と『Pingu’s English Japan』からの修了証をお渡しします。ご希望であれば、Pingu’s English Japan(インターナショナルスクール)へのインターンの斡旋や正社員として働けるチャンスもあります。
さらに、オーストラリアの幼稚園での有料インターンシップのご案内もさせて頂けます。 実際に就職へのパイプがあるのが強みです。

特に発音とリズムに力をいれています!

なぜ、音(発音)が大事なのか?
子供は、9歳で耳の臨界期が来ると言われています。
そのため9歳までの子供に必要なのは、英語の音、イントネーション、ストレス、そしてリズムです!
子供は聞いた英語が、そのまま、その子供の英語になります。
つまり、こども英語先生の英語が、その子供のマザーイングリッシュになります。

title-white

受講資格

本コース受講には、英語資格や学歴は必要としません。
保育士資格や幼稚園教論免許があれば卒業後の就職に有利です。
『スキルアップ留学(英語でスキルを学ぶ)こと』を目的としていますので、当校の定める「HIGH BEGINNERレベル」(目安レベルTOEIC450点以上)での入学をお勧めしています。
入学前にオンラインでスピーキングテストを受けて頂き、レベルを判定させて頂きます。

対象者

■ すでに日本で先生をされている方
■ 児童英語講師という職業に興味がある方
■ ワーホリでデミペアをする予定の方
■ 子供が好きで英語を使った仕事を考えている方
◎このコースは現場ですぐに活躍できる英語の先生を育成することを目的としています。
◎年齢は問いません。
カリキュラム

【1日8時間(1ヶ月間)】
2時間: 大西先生の動画講義 (インプット)
4時間: フィリピン人先生との実践練習(アウトプット)
2時間: タスク製作・課題学習(定着・応用)

他校にはない、魅力的な児童英語講師になるためのレッスンを用意!
特にこのコースでは、Phonics・Chants(正しい発音とリズム)に力を入れてます。
主なカリキュラム内容
『Phonics,Chants,文法,絵本の読み方,教授法,年齢別のアクティビティ,Class room English,カリキュラムの立て方,実践心理学,児童心理学』など。

また計12回の模擬試験とフィードバックがあり、先生の前で習った事を披露するので非常に実践的です。

コースの魅力

  • 児童英語教育のパイオニアでありエキスパートの大西英水先生に100%監修したコース
    プロになるためのエッセンセンスが詰まっています。また、希望者には、大西英水先生のスカイプでカウンセリングも有り。
  • 当コースの卒業生には、『ABC Club』とPing`s English Japanの修了証をお渡しします。
  • 受講料も欧米のコースと比べても格安!
    授業時間はトータル約156時間に及ぶ4週間のカリキュラムとたっぷりです。
  • フィリピン人講師は、こども養成講座を教えるのにピッタリ!
    フィリピン人は、陽気で歌や子供の扱い方も上手なため、チャンツ(リピートしやすいリズムの歌)も得意!
  • すぐに習ったことを、実践できる環境がある!
    習ったことを先生の前で実践する模擬テストがたくさんあります。
    先生から厳しくも的確なフィードバックをもらい、弱点の把握・克服をしていきます。また、併設の現地学校CALTHEL(カルテル)では、幼児や小学生もいるので、彼らの前で習ったことを試してみることも可能です。
  • カリキュラムは、Phonics, chants, Grammer, Songs, Class room English、児童心理学、実践心理学と、子供先生になるには、必須の事ばかりです。                        特に、CNE1のこども先生コースでは、Chants(チャンツ)とPhonics(フォニックス)に力を入れています!
  • 実践心理学をとりいれたレッスンができるようになる!
    大西先生は実践心理のトレーナーの資格も取得されています。子供に教える英語は年齢別に変わってきますので、子供の心理システムを理解しないといけません。
    子供の心情として、やらされるレッスンではなく、自分から学ぶというモチベーションを持たせる方法

    を学べます。