CNE1関連会社のSpark Global Tech グループの1社EdTech(教育×IT)のSpark Global Tech Solutions Inc社が、ゼロから「スクールマネージメントシステム」の開発に成功しました。そして開発後、いきなりCNE1近くの大学にこのシステムの導入に成功しました。また、それ以外の全てのITシステム構築の受注に大成功!快挙です。

このシステムは、スマートフォンで学校(会計)、生徒、両親、先生の4者をシンプルにつなぎ、生徒の出席率、授業料の支払い、学校情報共有、特に生徒の学力成績の分析機能を強みにしています。先生もこのシステム内でテストがつくる事ができ、そのテスト結果の分析データをビジュアルで、1人1人見る事ができます。

ご両親もスマホで、リアルタイムの最新情報が見られるので、子供のどこの分野が苦手なのかが可視化されるので、適切なアドバイスもできます。

2018年、CNE1は、過去最高の学校、塾、企業などの法人研修の申込みが予想されます。なので、CNE1でもこの「スクールマネージメントシステム」をCNE1に合わせてカスタマイズする事になりました。CNE1HighTouchのチームがサポートします。

出席状況や学校情報の共有だけでなく、スピーキングの映像やCNE1スピーキングテストやIELTS(4技能試験)の試験結果が、スマホの中で、いつでも見る事ができます。お子様をCNE1に送ったご両親もスマホで簡単にお子様の状況が見えます。CNE1講師も生徒の情報を1人1人確認できます。生徒さんもCNE1からの情報共有や先生からのコメントやコミュニケーションもできます。

スマホで、全てをつなぎ教育を可視化する。フィリピンの教育マーケットは、今後どんどん成長していきますが、まだまだ、この教育のIT化が遅れていると思いますので、引き続き、Spark Global Tech Solutions Inc社は、この広大なマーケットの開拓を行っていきます。

Spark Global Techグループは、現在ICチップ事業の1社を合わせて2社ありますが、来年、新たなIT会社を設立をする事になりました。合計3社のIT会社を経営する事になります。CEOのGarryさんが、一番大変ですが、僕も一緒にCNE1、八戸学院カーテル校(中高大一貫校)、Spark Global Techグループの3つの事業に関わっていますので、頑張ります。

この3つが、我々がやろうとしているマンゴーバレー構想の中核事業になります。この3つを1つのビジネスモデルとしているのが、我々のとてもユニークな点です。教育×ITをコアに、フィリピンの何もない田舎町の人々の教育支援と雇用創出を通じて地域社会の発展に大きく貢献する。学校が1つの町を創る。道のりは、まだまだ遠いですが、多くの心強い同志達がサポートしてくれて頂いていますので、引き続き、頑張ります!!