フィリピンでは、田村淳さんの青学一直線のテレビ放送が見られなかったのですが、AbemaTVの皆様の心優しい配慮で、ネットで直ぐに見られるようにして頂きました。

リンクを貼っているビデオを見させて頂きましたが、卒業式の時の淳さんのスピーチを見ていると自然に目からうっすら涙が出てきました。CNE1の実際での卒業式についで、2度目です。

全学年で、英検4級を落ちた2人のうちの1人が淳さんで、それ以来、英語がトラウマになっていたようです。CNE1卒業後に、淳さんがTwitterで、

『フィリピンの人たちはとても朗らかで居心地が良いです。
特に「CNE1」のフィリピンの先生たちはとても丁寧に優しく教えてくれます。英語が大嫌いだったのが大好きになりました。』と言っていました。

『英語が大嫌いだったのが大好きになりました。』が、本当に嬉しかったです。

また、淳さんの英語指導をしている東進ゼミナールの青木先生からのメッセージに、

『淳さんの英語の理解度は留学をきっかけに急加速しました。受験と留学は別物ではなく、留学は最良の受験対策となること、語学学校のCNE1様のご協力のもと実現しました!』

とあり、CNE1留学後の英語の理解度が急加速されたようですし、モチベーションアップになったそうです。

また、淳さんの奥さんが、番組内でのコメントも心温まりました。

『フィリピンから帰ってきて、顔つきが、希望に満ちているような、刺激を受けてキラキラしているというか、何だか若々しくなりました!』

『フィリピンで出会った人達が、とても心根の優しい人ばかりで、また、娘と一緒に留学したいと言っています。』

2泊3日の超弾丸留学でしたが、淳さんに少しでもプラスになったようで、CNE1メンバー一同、本当に嬉しかったです。淳さんを空港までお見送りした最後に、淳さんが英語をもっと話せるようになりたいとの事でしたので、英語の学習のポイントとして「Practice makes perfect.」をお伝えした所、翌日のTwitterで下記のメッセージを書いていました。

『色んな人に支えられて学べる環境がある事はとても有難いことです。義務教育期間中に少しでもその事に気づけていれば。。。悔やまれるw。さぁ人生学び続けよう。Keep on going Practice makes perfect』

CNE1を設立して、もうすぐ8年になります。なぜ、周りから反対の中、CNE1を設立したのか、CNE1の役割、使命とは何かを改めて、ビデオを見ながら自分自身の原点や意義を見つめ直しました。

淳さんとしげさん、引き続き、勉強を頑張り、青山学院大学の合格を目指して頑張ってください。CNE1のメンバー一同、応援しています。

AbemaTV の関係者様、東進ゼミナールの飯田社長、津田先生、青木先生、school withの太田社長ありがとうございました。

最後に、今回のテレビ番組が下記のyoutubeで見られますので、ぜひ、お時間ある方は、見てください。本当に皆様ありがとうございました。

田村淳が号泣「感動の涙なら流していいと思う」フィリピン語学留学で青学受験への決意を強める|偏差値32の田村淳が100日で青学一直線 #5