フィリピン政府が認めた質の高さ


CNE1は国が保証する安心な教育機関

ched01
ched02
ssp
ched

CHED(フィリピン政府 高等教育委員会)登録校(GR NO 188/189)

SSP認定校(AAFS NO. MCL-2010-049)

安心の政府公認教育機関

CNE1はCHED (Comission on Higher Education)というフィリピンの日本の文部科学省に相当する政府機関が認可した教育機関です。

CHEDに登録されるには、語学学校のカリキュラム・経営・財務・学校設置に関わる法的書類などの厳しい審査をクリアする必要があります。一般的にはTESDAよりもレベルの高いもと認知されています。TESDAに認定されている学校は少なくはありませんが、このCHEDに登録されている学校はあまりありません。つまり認可された学校は、自治権を与えられて運営されているお墨付きの正規学校であるということを意味します。

現在フィリピンに600校ほどあるといわれている英語学校の中で、政府から認可が下りている学校は全体の2割以下だと言われています。

「塾」スタイルの無認可の学校ではなく、必ずCNE1のような政府公認の「学校」を選びましょう。

外国人学生登録認定SSP

CNE1は、フィリピン移民局から外国人学生登録認定(AAFS: Approval to Accept Foreign Students)を受けており、合法的に滞在許可証 SSP(Special Study Permit)を発給できる教育機関です。

SSP(Special Study Permit)は直訳すると「就学許可証」で観光を目的として入国した外国人が正当な目的で滞在期間の延長を希望する際、滞在を特別に許可するビザの一種です。発行元はフィリピン法務省管轄の移民局になります。フィリピンでの短期間の留学においてはSSPが必要となります。

SSPはなぜ必要なのか

フィリピン語学留学の場合、ビザなしで入国します。これは観光を目的とする者に限定して無ビザを与えているのであり、その他の活動にはそれぞれのビザが必要となります。観光ビザ(30日まではビザなし)やビジネスビザでフィリピンに入国した人が、フィリピン国内で合法的に勉強をするために必要なのがSSPです。

たとえ1日であっても、SSPなしで授業を受けるのは不法です。SSPを受けずに留学し、フィリピン当局の摘発を受けますと入国管理法違反となり罰金が科せられ、国外追放処になってしまいます。

CNE1では、ご入学と同時にこちらで代行取得いたします。ご安心ください。